矯正歯科の必要性

歯並びが悪い人はそれだけで魅力を半減させてしまいます。矯正歯科では矯正に特化した治療を行っており、その人に一番あった治療方法を提示してくれます。慢性的な頭痛や肩こりも矯正で改善する事があります。

詳しく読む

インプラントとは

インプラント治療は人工の歯根を埋め込むという方法で治療します。審美的な目的で行う人や歯周病などが原因で失った歯に対して行われる場合があります。インプラント治療は長く健康な歯でいる為にメンテナンスも必要です。

詳しく読む

歯科治療の今

これまでの治療の歴史や変遷

日本人は世界に人と比較しても歯並びの悪い人が多いのです。それは日本が矯正歯科治療の分野で後進国であることを如術にあらわしていると言えるのです。日本で西洋のように歯を見せ笑顔になる文化がありませんでした。アルカイックスマイルといってモナ・リザのような微笑が美しいとされてきた時代が長く続き、歯の重要性を認識する人が少なかったのです。しかしバブル期以降からアメリカやヨーロッパの文化が非常に浸透し、女性でも歯を見せて笑顔になる人が非常に多くなったのです。そのことによって歯並びの悪さを認識したり、矯正歯科治療の重要性を改めて実感する人がようやく増えてきたのです。日本で矯正歯科治療が非常に注目されるようになったのはここ20年ぐらいの話なのです。

今後の矯正治療の動向について

現代では美しく並んだ白い歯を見せて知的で清楚な笑顔を見せることが美人の条件であると認識されるようになりました。そのことで若い人でも積極的に矯正歯科治療を受ける人が増えつつあるのです。しかし日本の厚生労働省では矯正歯科治療は審美性を高めるための治療との認識が強く、治療費が健康保険が適応されない自費治療で行われるのです。こうした治療費の点でまだまだ課題が残されるものの、着実に矯正歯科治療の技術は日々進化を遂げているのです。従来の矯正歯科治療と言うと歯の表面にワイヤーをつける治療が主流でした。しかし最近では歯の裏側に装置をつける裏側矯正、透明のマウスピースの圧で歯を動かすインビザラインなど様々な治療法も登場しているのです。

歯は大切

毎日食事をしたり、話したりと常に歯は重要な役割を担っています。歯科は定期的に通うことにより自分の歯がおかれた状態を正しく認識し、悪い状態を知る事が出来ます。歯の健康に関しての知識を持つ事が大切です。

詳しく読む

相談は必要

歯科矯正はブラケットj矯正やラビアル矯正といった様々な種類があります。矯正歯科では治療前に徹底してコンサルタントをし、それを踏まえて診察するので患者ごとに最適な方法で治療が行えます。

詳しく読む

これからの歯医者

歯科医院は虫歯の治療をするばかりではありません。最近は明るい雰囲気を出し、子供が遊べるスペースを作るなど、リラックスできる雰囲気を作る事にも気を遣っています。定期健診などを受ける事で歯を健康で綺麗な状態を保つ事が可能です。

詳しく読む